dj_top

チャンママ

Author:チャンママ
家族: チャンパパ、チャンバアバ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

このブログをリンクに追加する

我が家にやって来たとびっきり元気なラブラドールの女の子 「チャンス」の愉快な日々♪
http://0501chance.blog81.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.08.22(Mon) 10:53
ラルフが「耳血腫」という病気に突然なってしまったと連絡があり
お散歩の途中にラルフ邸に立ち寄ってきました。

ま~ぁ、こんな姿になっちゃって・・・・・痛々しい姿です。

ラルフママが耳のお掃除をしようと触ったら十円硬貨の大きさくらいに
ぷっくり腫れたものがあったそうです。 これ、何?

翌日動物病院に連れていくと「耳血腫」と診断され耳たぶに溜まった血を
注射器で取りだす処理をしたのでした。 まぁ、それにしてもラルフの耳たぶは
テープでぐるぐる巻きにされて可哀そうな姿です。

1108221r1.jpg

多分とってもうっとおしいんだろうと思うのにラルフは大人しくしてました。
1108222r1.jpg

上手にお水だって飲んでます。
11082231.jpg

すっかり歩けなくなったラルフの大変な介護のうえに耳の治療も加わって
ラルフパパ&ママはますます大変になりました。 でもラルフパパ&ママは
決して弱音なんか吐きません。 大事な大事なラルフだからですね。 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(6) 
Category:病気 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.04.27(Wed) 15:32
昨年12月にチャンスが急に立てなくなり夜間診療救急病院に
行きましたが、その後2月、4月にも後ろ左足を地面に着けなくなり
歩行がおかしくなってしまいました。

掛かり付けの先生からは「ヘルニア」と診断され、治療としては
症状がひどい時に痛み止めの注射、痛み止めの薬、抗生物質、ビタミン剤を
使って対応する事しかないと言われたのです。。

「ヘルニア」と診断されてもどの部分がどうなっているのかはっきり
分からない状態では何となく納得がいかなかったので、今日はお友達に
紹介されたもう少し設備が整っている病院に行ってきました。

さすがに人気のある病院らしく9:00開院に合わせて行ったのに
待合室は超満員です。 この分でいくとどの位待つのかな~と不安になりました。
2時間待ちようやく診察です。 触診の後レントゲン撮影です。
人間用のレントゲンという事でチャンスの背骨、腰骨、後ろ足の骨が
くっきりはっきり映っていました。

診断は「変形性脊椎症」でした。 背骨にあちこち刺が出ていてこのせいで
チャンスの左後ろ足の歩行がおかしくなっていたのでした。 でもそれだけでは
なかったのです。 右後ろ足の骨頭もかなり悪い状態で、先生から
「今は左をかばって右に負担を掛けて歩いているが、右にも爆弾を抱えている
ことを理解して下さい」と言われたのでした。

治療は掛かり付けの先生と同じ意見でした。 毎日のお散歩もなるべく
平らな所をゆっくりと歩き無理をさせない!!と言うのです。 
走ることが大好きで、ボール遊びが大好きで、泳ぐことが大好きで、
お友達と遊ぶのが大好きなチャンスなのに・・・・・と淋しく
悲しくなってしまいました。

なぜもっと早くチャンスの辛い状態を分かってあげられなかったのかと
本当に悔しくて残念な思いですが、これからはチャンスの様子を見ながら
大事に大事に毎日を過ごしていこうと思っています。

ゆっくり、のんびりやっていこうね、チャンス
 


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:病気 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 チャンスがやって来た, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。